職業訓練_Photoshop①②

くすひら
くすひら

Illustratorも終わり、Photshopの授業に移りました

記憶だけで思い出し復習

Photoshop-フォトショップ-

ラスター画像。ピクセル(ドット)で構成されている。

主に写真の編集で使用。

illustratorでは塗・線だったが、Photoshopは描画色・背景色 がある。

 

画像を読み込んだあとは、レイヤー「背景」を編集できるレイヤーに変更するのが良し。

選択ツール

画像の一部をくり抜くツール。選択方法が色々ある。

輪郭?がはっきりしているものだと、自動ツールが使い勝手よい。

————————————————————

マグネットツールというのが面白かったです。くっついてくる・・・!

ペンツールで型を取ったあと、パスを登録するのが忘れがち。

パネルというのでしょうか、色んな所に色んな機能があるので頭が追い付いていかないですね~。日々の積み重ねあるのみ!

修正・消去

スポット修復ブラシ:不要な部分をドラッグすると周囲になじませながら消去。

パッチツール:マウスで不要部分をドラッグ選択。その部分が動く。なじむ場所にもっていくとよい感じ。

コピースタンプ:その名の通り、コピーする。対称的なものだと行いやすいかな。

————————————————————

いまの時代ってすごいんですね・・・!

簡単にモノが消せて、簡単にモノが増やせる。

違和感ないように行うには練習が必要ですが、それにしてもすごい機能です。

文字

イラレ同様、文字を入力することができます。

イラレはアピアランスやアウトライン化で変化を楽しめますが

フォトショはそれより控えめな感じかしら?

一通りの設定はフォトショで行えます。

グラデーションとマスク

画像の一部を、徐々に消したり。

下レイヤーにグラデーションをかけて、上レイヤーの画像を一部消去して背景が見えるようにしたり。マスク機能を堪能しました。

マスクでの白黒は、色というよりも、表示されるか否かという見方になるんですね。
で、マスクなので色入れるとかそういう概念はなくて、単にどういうマスクをかけるのか、という機能。
なのかなと思いました。

※グラデーションかけるさい、乗算モードなどになっているとうまくいかず通常モードになっているか要確認

統括

イラレが楽しすぎて、もっとイラレやっていたい感じでしたが

フォトショもすごく楽しいです。

十数年前、ペンタブについてきたフォトショップ以来なのでタイムスリップした感覚です。授業では特に説明・使用はありませんでしたが、アンチエイリアスの文字を見たときも昔のクラスメイトに会ったような感覚で・・・笑。

写真の加工で、間違え探し。動画ができればアハ体験もできそうですよね。

習ったことが身につくよう、訓練校でも復習をしっかり行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました