職業訓練2週間目_illustrator

職業訓練
くすひら
くすひら

2週間目はつめこみ週間でした

illustratorの授業は90%くらい完了です

物足りないので復習しないと・・・

透明マスク

画像と、四角いオブジェ(塗グラデーション)を用意します。

画像の上にオブジェを重ねて、透明パネルでマスク作成。

グラデーションの部分で画像にうすくなる効果がかかります。

色ではなく、あくまで画像の透明・不透明をグラデかける。

・グラデーションは白黒で作成
・黒:透明 白:画像が表示される
※白から黒のグラデーションで、画像が透明になっていく

パスファインダー結合時の向き

様々な図形を組み合わせて、結合する際の注意点。

結合時の向きで、バウンディングボックスの□向きが固定される。

図形を組み合わせたあと、結合前に使いたい向きに調節してから結合。

整列

二つの図形があると仮定。 〇  △

〇に合わせて、横の位置をそろえたい!縦にそろえたい!

二つの図形を選択>整列>キーオブジェクトに整列を選択

〇を選択(キーオブジェクトは線が太くなっている)

その状態で整列したい平行なり垂直なりを選択。

グラデーションメッシュ

【塗:赤 線:なし】の楕円形を作る。

メッシュツールでオブジェクト内をクリック。

その状態でスウォッチパネルから白色をクリック。

メッシュポイントを白の中心として、グラデーションがかけられる。

ダイレクト選択ツールでメッシュポイトを移動できる。

メッシュラインは動かせないかな。

ブレンドツール①

【塗:あり 線:なし】大きい〇青 の中に小さい〇白 を描く。

ブレンドツールをダブルクリック。(もしくは図形の中でalt+クリック)

白~青の色がブレンドされる=白~徐々に青に。グラデかかる。

グラデは図形の形が反映される。

〇の中に星☆だと、星形の色が徐々にグラデーションかかる。

ブレンドツール②

〇と☆を間隔開けて配置。

ブレンドツールやると、〇から☆へ徐々に形を変える。

同じ動作を繰り返すショートカットキーctrl+D

垂直に50°移動コピー、のあとにctrl+Dで同じく垂直に50°移動コピーが繰り返される。

どこか別の部分をクリックしてしまうとできない。

クリッピングマスク

【塗あり:線なし】〇(前面)と△(背面)を重ねると仮定。

〇の中に重なった△部分が切り取りされる。

シェイプ形成ツール① ★

クリッピングマスクで、〇の中に△の重なる部分が欲しいとき。

【塗あり:線なし】〇(背面)と△(前面)を重ねると仮定。

シェイプ形成ツールで、△のいらない部分をalt押しながらクリック。

シェイプ形成ツール②

〇より△を大きめに重なるように配置。

選択順番〇→△。シェイプ形成ツールを選択。

〇から上側の△へ伸ばす。〇からはみ出た△が〇と同化。

破線

線を作る。線パネルを選択>破線

こういうのとか作れる。 - - - - - -

0pxにして線の太さ大きくすると、●になる。色々やってみよう。

アピアランス

文字の説明が難しいので、一つのパスに対して効果を付与するもの。

実習では線路を描きました。

文字

T 文字ツールで文字の入力。

パス上文字ツールを使うと面白いことができる。

〇の図形を置くと仮定。その上でクリックすると、〇に沿って文字が表示される。

〇は図形ではなく文字の一部になるので、〇に色をつけたり編集できない。

アウトライン化★

線や文字を図形のようにすること。

線→オブジェクト>パス>パスのアウトライン

文字→書式>アウトラインを作成

文字に色ぬりたい→クリッピングマスク使用時
オブジェクト>複合パス>作成 をしてからクリッピングマスクすること

統括

1週間分まとめると長くなってしまいました。訓練内容、一部とばしました・・・

新しいことを覚えているときは時間が過ぎるのが早いですね。

まだ理解しきれていないことも多いのでしっかり復習が必要です。

確認メモ
・文字のアウトライン化→複合パスする意味
・アピアランス機能
・シアーツール復習
・アンカーポイントの整列

レイヤーはお絵描きツール使用したことがあったので分かる内容でした。

使用されたことのない方には概念が難しいご様子でした。

余談
(確か)お絵描き掲示板って毎月お題があって投稿したりレンタルできたりWEB上でお絵描きできるサイトがあったんですが、なくなってしまったようですね・・・時代の流れを感じる。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました