illustratorの基本の復習

職業訓練
くすひら
くすひら

illustratorの基本を振り返ります

現時点で私が理解している範囲です

アートボード

図形など描く場所。白い範囲内がデータサイズ。

印刷したときなど、灰色の部分は表示されないが、illustratour上で図形等を置いておくことはできる。

白い部分全体をバケツ塗・・・ということはできない。

表示設定で背景が白く見えている状態から、透明にできる。

ツールパネル

大元のなにを行うのか、パネル。

図形を描くのか、字を書くのか、選択するのか・・・等々。

パネル

描いた図形に対して、グラデーションをつけたり垂直に整列させたり図形同士を合体させたり。

ウインドウメニューの中にすべてのパネルがある。

よく使用するものなどが右側に置かれている。自分で入れ替えることもできる。

消してしまっても大丈夫!上部のウインドウメニューにすべて入っている。

先生から初期設定(クラシック)を推奨されており、今の所それが快適です。

塗と線の概念

塗と線の概念

図形書くときは【塗:なし 線:あり】が行いやすい。

バウンディングボックス

図形など選択したときに、選択中になる青く囲まれたもの。

レイヤーの設定で、バウンディングボックスの色は変えられる。

ということに最近気付いて、なるほど~となりました。

パスとオブジェクト

この概念がイマイチよく分からなくて(どっちがどっち?)

ググったら、ほぼイコールだけど下記で使用時の意味合いが多いのかなとのことでした。

パス:△ダイレクト選択ツール
オブジェクト:▲選択ツール

検索して上位に出てきたサイトで分かりやすかったのでブックマークの意味も込めてリンク張らせていただきます。

パスとオブジェクトの考え方 - Illustrator イライラ・ストレス解消委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました